診療のご案内

当院のコンセプト

新安城どうぶつ病院のロゴマークは、当院が地域の皆様にとって大きな木のような存在でありたいとの思いから生まれました。地域に根ざし、訪れることで飼主様も動物たちも安心できる場所でありたいと私たちは思っています。動物たちと飼主様双方にとって最善の予防・治療を選択できるよう、十分な説明を心がけています。わからないことや心配なこと、納得できないことがありましたら、何でもご相談ください。動物たちと飼主様がより良い生活をおくれるようにサポートいたします。

【取り扱い動物】
犬、猫、ウサギ、モルモット、ハムスター、小鳥など各種動物の一般診療をおこなっています。
【犬猫以外の小動物の診療について】
ウサギ、ハムスター、小鳥など犬猫以外の小動物に関しては、可能な限り対応いたします。ただし、専門医ではありませんので診療内容には限りがあります。またストレスに弱い小動物の診察、治療行為はかえって状態を悪化させてしまう場合もあります。これらについてご承知の上、受診していただきますようお願いいたします。
 
 

【診療科目】
内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、寄生虫科、外科、泌尿器科、 繁殖科(産科、臨床繁殖科)、 腫瘍科、画像診断科、皮膚科、耳鼻科、眼科、歯科、 狂犬病の予防注射・犬フィラリア症の検査・予防注射・各種混合ワクチン ・犬、猫の去勢・避妊手術 歯科治療・ノミ・ダニ予防・健康診断と健康管理相談
 
 

【二次診療施設のご紹介】
当院では対応できない特殊な検査が必要な場合、高度な治療が必要な場合には、飼主様のご希望に応じて適切な二次診療施設をご紹介いたします。
○日本動物高度医療センター(JARMeC) 名古屋 名古屋市天白区
○岐阜大学動物病院 岐阜県岐阜市柳戸
○動物眼科センター愛知県長久手市
○その他、必要・ご希望に応じて

 
【来院時のお願い】
動物は言葉を話すことができません。飼主様(連れてこられた方)からお聞きするお話がとても重要です。できるだけ日頃の様子をよく知っていて、扱いに慣れている方が連れて来ていただくようお願いします。
 
 
ワンちゃんの飼主様へ

必ずリードをつけるか、ケージやキャリーバッグなどに入れてご来院ください。 日頃おとなしい子も、慣れない環境で緊張したり、知らない人や他の動物に興奮することがあります。また、待合室には犬が苦手な動物たちや飼主様もいらっしゃいます。待合室が狭く申し訳ありませんが、リードは短く持つなど、お互いにご協力をお願いします。

 

ネコちゃんの飼主様へ

必ずケージやキャリーバッグなどに入れてご来院ください。猫は狭い場所に隠れることで落ち着きます。特に怖がりな性格の子は、洗濯ネットに入れてからケー ジやキャリーバッグなどに入れることをお勧めします。知らない人や他の動物に驚いて飛び出してしまう危険性があるため、抱っこしてお連れ頂くことは絶対に しないでください。

 

犬猫以外の小動物の飼主様へ
安全なキャリーケースに入れてご来院いただくか、飼育状況も診察の参考になりますので、普段飼っているケージごとそのままご来院ください。また、できるだけ受診する動物の日頃の様子をよく知っていて、扱いに慣れている方が連れてきていただくようお願いします。元来、小動物は捕食される側の生き物であり、とてもストレスに弱い動物です。 診療行為、病院への往復の移動、動物病院という環境などが大きなストレスとなり、かえって状態を悪化させてしまう場合もあることをご承知ください。