人が楽になると、犬も楽になる♪

梅雨ですね~。ベタベタするし、洗濯物は乾かないし…

お散歩にも行けないので、犬たちも退屈しエネルギーを持て余しますよね~。お部屋の中で楽しくエネルギー発散できるように、いろいろ工夫して楽しんでくださいね♪

 

先日、愛犬の困った行動についてご相談をお受けした飼い主さんから、こんなことを言っていただきました。「先生とお話したら、私がとても気持ちが楽になって、私の態度がとても変わったと家族に言われました。そうしたら、犬も少し落ち着いた気がします。」

 

嬉しいですね~(^-^)

実はこれが一番大事なことなのかもしれません。人が犬に人の常識や過剰な要求を押しつけて、犬の言い分が聞こえなくなってしまっている、ということがよくあります。犬たちは犬の常識で行動していますし、それぞれの性格、個性があります。人間も同じ両親から生まれて同じ環境で育った兄弟でも全く違いますよね?それぞれの個性を認めて、言い分を聞いてあげると、その子の気持ちが分かり、「良さ」や「かわいさ」が見えてきます。

 

愛犬がダメ犬に見えてきて、そうなると自分がダメ飼い主に思えてきて…。犬との生活が楽しくなくなり、愛犬がかわいくなくなってしまう…。それが一番悲しいことです。ダメ犬なんていません!ちょっとおバカはいるけど(笑)それが個性でありかわいいんです!

 

人が力を抜いて楽になると、犬も力が抜けて楽になります♪

 

 獣医師 稲垣

 

 私も反省することいっぱい…(^^;