フィラリア予防は12月まで必要です

やっと涼しくなった~♪と思っていたら、もう朝晩は「寒い」と感じるようになりましたね。季節の移り変わりはあっという間ですね~。私は寒いのがとても苦手です…(-_-; 朝お布団からなかなか出られない人です(笑)

 

さて、涼しくなってくると、蚊を見ることもほとんどなくなり、フィラリア予防のことをつい忘れてしまいがちですが…

 

フィラリア予防薬は、蚊に刺されることで犬の体内に侵入したフィラリアの子虫を、1ヶ月以内に駆虫することで心臓にフィラリアの成虫が寄生することを”予防”しています。投与した予防薬の効果が1ヶ月間ずっと続いているわけではありません。ですから、10月や11月に薬を投与した後に、運悪くフィラリアの子虫が侵入し、その後薬が投与されないと…、数ヶ月後には心臓に成虫が‼ということになってしまうのです。

 

フィラリアの予防薬は、蚊を見なくなってから1ヶ月後まで投与が必要です。安城周辺では、11月までは蚊を見ることがあるため、12月まで投薬することが推奨されています。

 

涼しくなったし、蚊を見なくなったから、といって、早めに予防を終わってしまわないようにご注意くださいね!

 

 

 

明日はハロウィン♪オヤツもらえるかニャ?

 

獣医師 稲垣