パピークラス 5/25

5/25のパピークラスは、「咬みについて」というテーマでした。

 

子犬の飼い主さんに「困っていることはありますか?」と聞くと、いろいろ出てきますが(笑)、多くの場合その中に「咬みます」という答えが入っています。実際、子犬は咬むことが大好きですし、子犬でも咬まれるとまぁまぁ痛いです。

 

この問題を考える時に重要なのは「何を咬むか」です。咬んで良いものを咬むのは問題にはなりません。人、手足はもちろん服や靴下など、咬まれると人が困るものは「咬んではいけない」と教える必要があるわけです。子犬の時に、咬んで良いものといけないものをきちんと教えておきましょう。

 

今回、ポメラニアンのふぅちゃんが初めて参加してくれました。ふぅちゃんはもうすぐ6ヶ月なのですが、当院のパピークラスを修了した方からのご紹介でご相談にきてくださいました。子犬の教育を始めるのに手遅れはありません。2ヶ月の子と比べれば少し時間と手間がかかることもありますが、いつからでも始められますし、頑張っただけの効果は必ず現れると思います。一緒に頑張りましょう♪

 

これからも「参加してよかった」と言っていただけるように、より良いパピークラスにしていくため、頑張ります!! ご紹介いただき、ありがとうございました(o^-^o)

 

月齢の大きい子(5ヶ月齢以上)は、一度ご相談ください。その子の性質や困っている行動などをうかがった上で、パピークラスに参加可能かどうか判断いたします。様子を見て、グループでのレッスンが難しい子であれば、個別レッスンや行動診療カウンセリングにて対応させていただきます。

 

 

YUZUちゃん、アイコンタクトの練習をしました。

ごほうびではなく、お母さんの目を見るといいことがあるよ!

 

次回6/1のパピークラスは、1部は満員、2部はまだ空きがあります。
参加ご希望の方はお問い合わせください。
かわいい子犬たちに会えるのを楽しみにお待ちしています♪
パピークラス担当 稲垣恵理子